お暇ニュースまとめ

社会,経済,スポーツ,速報,芸能,裏の顔,芸能人裏の裏の噂,国際情勢の新着ネット,副業の話題をいち早速報 できるライブドアブログ


    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    歌手の美川憲一(71)が、26日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『良かれと思って!』(毎週水曜22:00~22:54)で、"引退詐欺"として番組内で取り上げられた歌手・misono(32)にアドバイスした。

    視聴者からの「愛のあるダメ出し」をゲストにぶつける同番組。26歳女性からの「引退宣言を繰り返していますが、ずっと閉店セールをやっているみたい。最初からやめる気なんてなかったと謝るべき」に、misonoは「繰り返してない」と即座に反論した。

    misonoの説明によると、もともと「30歳でやめよう」と考えていた中、ある番組の打ち合わせでスタッフから「来年30歳になりますが、目標は?」と聞かれ、「完全燃焼してやりたいことはすべてやらせてもらえたし、芸能界で30歳以降は考えてないです」と返答。結果的にそのことが「引退宣言」へと発展する。

    misonoは「ここから先は自分が悪い」と前置きし、夢だった声優やミュージカル主演の仕事が引退宣言後に舞い込んだことで考えが変わったという。「引退宣言が出ているので」と断ろうとしたが「misonoさんしかいない」と説得されて続けることを決意。ロックバンド「Highside」ドラム・Nosuke(28)と結婚式を挙げたばかりだが、今でも芸能活動を続けているのは「フィアンセのため」だという。

    そのことについてmisonoは、Nosukeの収入だけでは「生活できない」といい、共働きではなく「彼が売れてくれれば」という考え。「子どもが幸せに暮らせるぐらいのお金を彼が稼いでくれるのであれば、うちは今すぐにでも消えてなくなりたい」と芸能界への未練がないことを訴え、"引き際"を暗に示した。

    misonoの主張を黙って聞いていた美川だったが、「『消えてなくなりたい』と言うけど、この世界でこうやってお仕事が来たらうれしいと思うでしょ?」と優しく語りかけ、「消える時は潮が引くようにすぐに消えるわよ。だから『消える消える』なんて言わない方がいいと思う」と苦言を呈した。

    さらに、「歌手をやって、オリコンで上位にもなったんでしょ?」とday after tomorrow時代からの実績と実力を認め、「簡単に『やめる』という神経が分からない。歌って『永遠』のものだと思うのよね。売れなくても小さなライブをやるとか。歌をやったら、お客さんの生のステージで拍手された時の喜び、あなた分かるでしょ?」。

    美川の言葉を真剣に聞き入っていたmisonoは、「歌っても売れなかったんですよ。求められてないんだと思って」と神妙な面持ちだったが、「今はものまね番組に出させてもらって……」とオチをつけスタジオ爆笑。美川も笑いながら、「今はアイドル以外、CDはそんなに売れない」と理解を示しつつ、「自分の中で情熱を燃やして前に進んでいった方がいい。もったいない」と今後の可能性に期待を寄せた。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    この子は、ネガティブ思考なんだね。『負けず嫌い』の裏返しでどこかで心が折れちゃったのでしょう。





    二重国籍問題について会見する蓮舫氏(写真=Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    Business Journal

     民進党の蓮舫代表は7月18日、記者会見を行い、戸籍の一部などを公表して自身の二重国籍問題について釈明した。

     昨年9月、民進党代表選の際に二重国籍疑惑が浮上し、10カ月後にようやく詳細を明らかにした。今まで安倍晋三首相をはじめ、他者を舌鋒鋭く追及してきた蓮舫氏だが、自身については歯切れの悪い説明が続いたため、民進党の支持率低下を招いた。

     民進党執行部は、「二重国籍疑惑が解明されていないから支持率が低い」と考えているようで、「他人には厳しく、自分に甘い」姿勢が問題の根本だと気づいていいない。

     事実、戸籍を開示したことで、現在は台湾国籍を抜けていることが確認できたにもかかわらず、それを評価する声は聞こえてこない。蓮舫氏は、二重国籍の状態が昨年10月まで続いていたことについて、「故意ではない」「台湾籍を抜けたと思い込んでいた」として違法性がないことに理解を求めたが、あまりにも自分勝手な説明ではないか。

     民進党はかつて、ペルー元大統領のアルベルト・フジモリ氏の二重国籍について、厳しく政府に攻め寄っている。

     辻元清美議員(当時民主党)は、2001年3月6日提出・質問第39号「ペルー共和国前大統領アルベルト・フジモリ氏に関する質問主意書」において、次のように質問している。

    「1990年7月にフジモリ氏はペルー共和国大統領に就任している。フジモリ氏がいわゆる日系人であることは当初より公知の事実であったと考えるが、日本政府はその就任時点でフジモリ氏の国籍を確認したのか。もし確認を怠ったのであれば職務怠慢であると考えるがいかがか。また、その時点で政府がフジモリ氏の日本国籍保持を確認していたのであれば、国籍法第16条第2項に基づき国籍喪失の宣言を行ったのか明らかにされたい。もし行わなかったのであれば、その理由並びにどのような場合にこの条項に基づく宣言がありうるのか、明らかにされたい」

     フジモリ氏が日系人であることは周知の事実であったのだから、国籍確認をしていなければ職務怠慢であると詰問している。

     この論に従えば民進党は、蓮舫氏を2004年の参議院選挙に出馬させた段階、2010年に行政刷新担当大臣として入閣させた段階、昨年に党首として選ぶ段階で、いずれも同氏の国籍を確認していなかったわけで、職務怠慢との誹りは免れない。

     聖書の有名な教えのひとつに、「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤りで量り与えられる」という文言がある。

     蓮舫氏は安倍首相や稲田朋美防衛大臣などに対して、「ミスだとしても責任は免れない」と辞任を迫ってきた。だが、自身の二重国籍問題については「故意ではない」との説明で逃れようとしている。蓮舫氏は、自身の発言によって裁かれなければならない。
    (文=平沼健/ジャーナリスト)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.sankei.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    落選したらメディアに元参議院議員として居座る腹積もりか、あるいは目立たなければ議員は続けられるとでも目論んだか


    芸能人時代、二重国籍を自慢してた人間の発言です。


    とりあえず議員はお辞めになられた方がいいですよ。


    台風がきそう


    とかいってたら代表辞意とか。議員もやめなさいよ。


    故意じゃなくて宗主国様の意向なんだよねw


    え?コレビジネスジャーナルの記事なのか?ここが正論書くとか正気か?wwwww


    つか「あの」BJにすらこんな書かれ方するなんて、いよいよ蓮舫も終わりなんだな。


    日本より二重国籍が普通にいるオーストラリアの議員は故意ではなくても辞めたそうですよ?蓮舫さん。


    まぁ過去の資料で既に故意であることもバレてるようなので・・・これ以上罪を重ねないほうがいいっすよ?と言いたいですな。


    で、故意だろうとそうでなかろうと法律に背いてますのでお辞めいただくしかありません、というお話。ただの常識なのだが・・・。


    結局疑惑は解消どころか多重国籍疑惑が生まれただけだったという…


    故意じゃないなら許されるって発想がまずわからない。しかも自分は他人にそれを許容しないくせにw


    擁護が苦しい以上、ミンスに八つ当たりするしかないからなw


    違法行為の責任を放棄している奴は何を言おうが信頼出来ない、自分の事を棚に上げ他人の責任は追及するスタイルは滑稽である。


    安倍首相らを鋭く追及!なお、人によっては鋭いブーメランの模様


    どういう事情が有れ、今までの積み重ねで信用を失った。そしてこの差別発言は、本当に差別されている人たちへの風評被害である。


    「うっかりしちゃったテヘッ」が許されるのは2次元だけだいい加減にしろ。


    結局蓮舫君は台湾出身だっただろうか?中国籍とか何とか聞いたが…?





    アサ芸プラス
    アサ芸プラス

     幼げな表情とHカップバストのギャップで人気のグラドル・和地つかさが、7月22日放送の「ゴッドタン」(テレビ東京系)にて、人気企画の「アイドル飲み姿カワイイGP」に初登場。グラスワインをグイグイ空ける豪快な飲み姿を披露し、そこで見せた豹変ぶりがネットで大きな話題になっている。

     普段は子猫っぽいイメージの和地だが、ワインが進むつれ「ガンガンいくタイプなのよ、私」と呑兵衛の目つきに変化。飲み相手のディレクターに「隣り来ようよ、一回来よう?」と絡みだし、相手が敬遠すると「ああ、そういうの苦手なタイプかー! 厳しいよぅ!」とダメ出しする。さらには自分の体を見るように要求し、断る相手を「引いてるやんけ!」と罵倒する始末だ。

     終盤には9杯目のグラスワインを一気飲みすると、「仲間や! もう好き~」と男同士のようなハグを交わす有様。さらには「ねぇ、チューする?」と迫りまくり、相手が拒否すると馬乗りになって「一回やろうか! やっとこうかー!」と絶叫したのである。

    「和地は一人飲みも平気な酒好きで、ツイッターではしょっちゅうその飲みっぷりを報告。ファンも彼女の酒豪ぶりを知っていますが、まさかここまでとは思っていなかったことでしょうね。今回の『飲み姿カワイイGP』では別のグラドルが勝利したものの、ネットではYahoo!の急上昇ワードランキングで“和地つかさ”が2位にランクインする大躍進を遂げました」(グラビア誌編集者)

     そんな和地は翌23日に「いろいろ思うこともあるので、本日はひとり日本酒バーでしっぽり」とツイート。飲みの記憶がまったくないことを反省していたようだ。それでもファンからは「面白かった!」「一緒に飲みたい、怖いけどw」といった声が続出していたのである。

    「彼女は舞台への出演も多く、女優としての実力も高い。それに『売れたい!』という意欲も強く、バラエティ番組でどんな企画にも真剣に取り組む姿が評価されています。今回も記憶をなくすほどに飲んで自分の素をさらしつつ、朦朧とした意識の中で最後の一線だけは超えないように勝負した姿勢がいかにも彼女らしかったですね」(グラビア誌ライター)

     厄介な絡み酒でも和地なら大歓迎。今回の放送を見て彼女との飲み会を夢想した視聴者も多かったことだろう。

    (金田麻有)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 40.media.tumblr.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    すごいエロいかおしてる




    このページのトップヘ