お暇ニュースまとめ

社会,経済,スポーツ,速報,芸能,裏の顔,芸能人裏の裏の噂,国際情勢の新着ネット,副業の話題をいち早速報 できるライブドアブログ

    カテゴリ: 経済


    パチンコ店の倒産が止まらない 正念場のパチンコ業界


    NO.5916654 2017/11/14 12:31
    規制強化でパチンコ店の倒産時代がやってくる 窮地のパチンコ業界
    規制強化でパチンコ店の倒産時代がやってくる 窮地のパチンコ業界
    ■来年には出玉規制
    規制強化のあおりで窮地に立たされているパチンコ業界。

    駅前の好立地でにぎわっていたホールも、いつの間にか閉店しており、業界環境の厳しさがうかがえる。

    こうしたなか、パチンコホール経営業者の倒産件数が増加に転じた。

    今何が起こっているのか。

    まず、業界関係者が“パチンコホールの倒産増加”と聞いて思い出すのは、2004年以降に発生した5号機問題にさかのぼる。

    これは、射幸性の高い4号機のパチスロ機をホールから撤去し、新基準に沿った5号機のみ設置するという規制がきっかけで生じた。

    規制強化により、新台入荷を強いられたパチンコホールは、費用負担が生じただけでなく、射幸性が落ちたことで集客力も低下してしまい、経営が厳しくなった。

    05年は39件、06年は54件の倒産が発生。

    この間に大手パチンコホール経営業者が倒産したほか、金融機関の取引スタンスが変化したなど複合的な要因が重なり、07年と08年は、それぞれ72件の倒産が発生。

    これが過去最高の水準となっており、業界関係者にとって苦い思い出となっている。

    近年は落ち着いた状況にあり、倒産推移も15年は17件、16年は13件と低水準だった。

    しかし、16年以降は規制強化で潮目が変わった。

    16年12月は非適合機種の撤去期限とされたほか、17年9月は5・9号機への切り替えが義務付けられた。

    余力があれば問題にならないのだが、現在のパチンコ業界にそこまでの余力はない。

    日本生産性本部の「レジャー白書」によると、16年のパチンコ・パチスロ市場は前年比6・9%減の約21兆6260億円。

    従前は30兆円の市場規模を誇っていたが、13年からは4年連続で減少している。

    先行きの見通しも厳しい。

    18年2月には、出玉規制が控えている。

    平均の遊戯時間を4時間と想定して、1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするものだ。

    射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている。

    現状が厳しい業界環境で、かつ先行きも不安視する声が多いという背景があるなか、17年の倒産件数は、9月時点で16件と前年を上回った。

    通年では、再び20件を超す見込みだ。

    5号機問題の再来が叫ばれるのもうなずける状況だ。

    【日時】2017年11月14日 11:18
    【ソース】ニュースイッチ


    【パチンコ店の倒産が止まらない 正念場のパチンコ業界】の続きを読む



    (出典 blogc.fujitv.co.jp)



    【【破産】てるみクラブ」「せっかくの新婚旅行が」「孫が泣いてた」。債権者集会 】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    【【噂の企業】瀬戸際の東芝社員と家族の悲劇。住宅ローン審査通らず子供は塾をやめる。思い描いていた人生設計が破壊 】の続きを読む



    (出典 www.nikkei.com)



    【【衝撃のリストラが現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも 】の続きを読む



    (出典 game.lovepop.jp)



    【【企業】任天堂、スマホ版「どうぶつの森」を発表 基本プレイ無料のアプリ内課金制 配信開始は2017年11月下旬 】の続きを読む

    このページのトップヘ